インターネットの普及、2代目、3代目への代替わり、業者見直しの浸透、価値観の変化などにより

選別が厳しい時代となった。

その脅威に晒される状況において、逆に、

良い商品・サービスを提供し続ける会社にはビジネスチャンスがある。と考えられる。

新規顧客開拓のチャンスが平等にやってきている。

 

顧客は、良い会社はないかな?いい店はないかな?と探しています。

あなたの会社の顧客にも新たな売り込みが来ていて、検討しているかもしれませんね。

既存顧客のケアを怠らないようにしましょう。

攻めも、守りの必要です。